クコの木のうどんこ病が治らないので色々対策してみた

2021年10月14日
家庭菜園 0
クコの木

今年の春に植えたクコの木の苗ですが、夏頃からうどんこ病に罹ってます。その都度、葉を切り取っていましたが、手に負えなくなったので、色々対策をしてみました。

重曹や酢を散布

これは結果的にうちのクコの木には効果ありませんでした。園芸相談サイトに質問してみたところ、民間療法とのこと。「効果があった!」と書かれているサイトもあるんだけどなぁ…。

カリグリーンを散布

これも効果はありませんでした。これも相談したところ、予防的に使うもの、とのこと。

農薬「サルバトーレME」を使う

これをオススメされました。調べてみたところ、これは完全に農薬だそうです。ネット通販ではサルバトーレMEは高いものしか売ってなかったので、同じ成分である「ハッパ乳剤」を買いました。バラ用らしいですが、野菜でもOKとのこと。
しかし、効果はありませんでした。せっかく園芸用のマスクやゴーグルを買ったのに。

植え替える

今、この段階です。土に窒素が入ってるとうどんこ病になりやすいらしいので、今日、植え替えをしてみました。といっても、大きい植木鉢が無かったため、土を増やしただけですが。前の土は恥ずかしながら使用済みだったので、そのせいでうどんこ病が治らないのかなぁ、と思いました。
今回の土はネットで買いました。ポイントを使ったけど、ちょっと高かった…。次は安い土にしよう。

風通しの良い場所に置く

今までは玄関近くのコンクリートの上に置いておいたのですが、その場所は風通しが悪そうだし、日中は暑そうなので、風通しの良い場所に置くことにしました。

クコの木
▲これは植え替え後に撮ったもの。土をたっぷり使いました。写真には写ってませんが、ヒョロヒョロ~と、3mくらい伸びています。周りに生えてるドクダミは気にしないでね。

うどんこ病対策のまとめ

  • 重曹や酢を散布
  • カリグリーンやハッパ乳剤を散布
  • 窒素の入ってない土に植え替える
  • 風通しの良い場所に置く

植え替えた後の結果は追って報告します。これでダメだったら、諦めます…。

追記:クコの実が大きくなる前に落ちてしまう

無事、花が咲いたのですが、弱ってるせいか実が大きくなる前に落ちてしまうんです。せっかく今年収穫できるか!?と思ったんだけどなぁ。クコは丈夫だと聞いてたんだけど。やはり使用済みの土じゃまずかったか…。

クコの木ってうどんこ病になりやすいみたいです。
クコの木を画像検索すると、結構、葉が生い茂ってますね。あんなふうになるんだ~。うちのクコはあまり元気ないな…。でも、植え替えしたから、良くなるといいなぁ。

関連記事

気に入ったらシェア!

神代
この記事を書いた人: 神代
10年以上前から、吐き気や頭の違和感、不安感など様々な症状に見舞われ、なぜか統合失調症と診断され精神科に通院中。
2021年4月からは咳や痰、体に痛みやしびれが起こるようになりました。
日本の医療(精神も含む)に疑問を持つ今日この頃です。

趣味はブログを書くことと、ポイ活。
HTML&CSS、レスポンシブデザイン、WordPressを改めて勉強しています。
ゲームやアニメが好きです。
※お豆腐メンタルなので要注意。

ライブドアブログから引っ越してきました。
(その際、記事は整理しました)

コメント0件

コメントはまだありません