【バジルにアザミウマ!】園芸用支柱で植木鉢に防虫ネットを張る方法【対策】

2021年09月15日
家庭菜園 0

ホーリーバジルとレッドホーリーバジルのアザミウマの食害にずっと遭っていました。

バジルにアザミウマ

そこで、楽天でアザミウマに効果のある赤い防虫ネットを買って、かぶせてました。
※写真を撮り忘れたのですが、本当に支柱にかぶせて、下をピンチで留めてただけです。バジルは窮屈そうでした。
しかも、普通に色々な虫が入ってました。(防虫ネットの意味なし…)

アザミウマの被害も無くならないので、この度、以下のサイトの記事を参考に、植木鉢に防虫ネットを張ってみることにしました。

写真を撮り忘れてしまったのですが、用意するものはこちらです。

  • 防虫ネット
  • リング支柱(朝顔を育てるときに使う園芸用支柱)
  • ホチキス
  • ペンチやカッター(園芸用支柱の輪を外すために使う)
  • 洗濯バサミ(大きめのやつと小さいやつ複数個}
  • ビニールタイ(100均ので充分)

リング支柱はこんな感じです。ダイソーなど100均でも手に入ります。

バジルは結構成長するので、60~70cmくらいの長さの支柱で良いと思います。
支柱が長すぎると収穫が大変になるので注意。

1.支柱を立てる

リング支柱の輪2つをペンチやカッターを使って取り外しました。
輪の部分をワイヤーで自作することもできます。

園芸用支柱の輪を取り外した図
ビニールタイ

100均のビニールタイを用意し、

園芸用支柱

写真のように輪を支柱に結んで固定します。

2.防虫ネットを支柱の周りに張る

防虫ネットを支柱の高さより気持ち長めにカットします。(写真では少し長すぎました…)
アザミウマ用の赤い防虫ネットは、マス目が付いているので切りやすかったです。

輪の周り

輪の部分に、ホチキスで防虫ネットを留めます。
(写真を撮り忘れました…留め方は、こちらを参考にしてください)

防虫ネットを周りに張る

余分な防虫ネットをカットしたら、三つ折りにし、横側をホチキスで留めます。

下側は三つ折りくらいにして、植木鉢のフチにピンチで留めます。

防虫ネットを支柱の周りに張ることができました。

3.収穫用のフタをつける

次は上部に収穫用のフタを作ります。

輪より少し大きめに正方形にカットします。

切りっぱなしの部分は、ホチキスで三つ折りくらいに折り返して留めます。

上にかぶせて、輪の3分の1程度をホチキスで留めます。
このとき、支柱があってデコボコしている部分も、すき間ができないように注意しましょう。

これで上のフタをめくって、収穫ができます。
固定しない部分は、ピンチをいっぱい使って虫が入らないようにしましょう。

植木鉢に防虫ネットを張ることができました。

まとめ

このように、100均の材料を使って簡単に防虫ネットを作ることができます。
こんな感じで防虫ネットをしっかり張った途端、アザミウマの被害が一切無くなりました。
これで安心して葉を収穫することができます。お茶とかパスタに入れたいところ。

赤い糸の色彩作用により防虫効果を発揮、アザミウマ等の微細害虫の侵入を軽減させた画期的な防虫ネットです。
関連記事

気に入ったらシェア!

神代
この記事を書いた人: 神代
10年以上前から、吐き気や頭の違和感、不安感など様々な症状に見舞われ、なぜか統合失調症と診断され精神科に通院中。
2021年4月からは咳や痰、体に痛みやしびれが起こるようになりました。
日本の医療(精神も含む)に疑問を持つ今日この頃です。

趣味はブログを書くことと、ポイ活。
HTML&CSS、レスポンシブデザイン、WordPressを改めて勉強しています。
ゲームやアニメが好きです。
※お豆腐メンタルなので要注意。

ライブドアブログから引っ越してきました。
(その際、記事は整理しました)

コメント0件

コメントはまだありません