ワイルドストロベリー観察日記 2014/06/18 ランナーが生えた

2014年06月18日
ワイルドストロベリー栽培日記 0

株分けした新しいワイルドストロベリーにランナーが生えました。

可愛いのが生えてきました。
何年も育てていますが、初めてかも。

ランナーとは、植物が育つと生えてくるツルのようなものです。
匍匐茎ほふくけい」とも言うらしいです。
ランナーを使って、イチゴを増やすことが可能です。

みかっち流ワイルドストロベリーによると、

  • 3月~4月頃か9月~10月頃に、親株からランナーを出して、ランナーの先に子株ができるのでそれで簡単に増やせます。
  • ランナーの先にできた子株を土に植え込んで「U字クリップ」で固定して、根付くのを待ちます。
  • 根付いた頃に、はさみでそっと切り取りましょう。
  • ランナーが出ない場合は、株分けでも増やせます。
  • 大株になると病気が出やすく、実のつき具合も悪くなりますので、植えてから2年目を目安に株分けしましょう。
  • 株分けしたら、油かすや有機肥料を追肥して定植させます(植物活性剤も忘れずに与えましょう)

だそうです。
ランナーが生えていると養分が取られちゃうみたいなので、9~10月になったらランナーを切って増やそうと思います。

古株もいまだに花が咲いています。

たくさん咲くので間引きしています。
今年はイチゴがさらに増えそうだな…w
ジャムにするペースも早くなりそうだ。

関連記事

気に入ったらシェア!

神代
この記事を書いた人: 神代
10年以上前から、吐き気や頭の違和感、不安感など様々な症状に見舞われ、なぜか統合失調症と診断され精神科に通院中。
2021年4月からは咳や痰、体に痛みやしびれが起こるようになりました。
日本の医療(精神も含む)に疑問を持つ今日この頃です。

趣味はブログを書くことと、ポイ活。
HTML&CSS、レスポンシブデザイン、WordPressを改めて勉強しています。
ゲームやアニメが好きです。
※お豆腐メンタルなので要注意。

ライブドアブログから引っ越してきました。
(その際、記事は整理しました)

コメント0件

コメントはまだありません