鉄拳が小説化!『鉄拳 the dark history of mishima』感想レビュー

2011年10月18日
鉄拳グッズ 0

鉄拳公式の小説『鉄拳 the dark history of mishima』をレビューしたいと思います。

戦国時代にまでさかのぼる三島家の負の系譜けいふ~それが因縁の始まり、かと思いきや。
そんなのかんけーねー! でした(爆)。

トリビアを一つ。
話の中に出てくる温羅うらという鬼は、「釜鳴り神事」に関係してたような記憶があったので、ちょっと調べてみたら、やっぱりそうでしたね。
でも「桃太郎」の元ネタだったのは初耳(笑)。
http://www.pandaemonium.net/menu/devil/ura.html

バトルシーンは中々でしたけど。
一八の風神拳の説明とか。なるほど、あの技を文章で書くとこんな風になるのか、みたいな。
風神拳で、ジャック(量産型?)がバラバラになるトコが、眼に浮かびましたw
三島家の殴り愛シーンはよかったです(爆)。やっぱり「拳で語れ」の世界なんですね、鉄拳。

でも、なんか、一八とかの台詞がちょっと古臭い、って言たらまずいかな、古めかしいと言うか(同じか(笑)、今の人がこんな言い方するのかな、って。
ま、一八ももう四十代後半だし、こんなもんかも?
平八や仁八、三島家の先祖とかの言葉遣いは、違和感ないんですけどね。

……って思ってたら、これ書いた矢野隆っていう人、時代小説で「小説すばる新人賞」を取ってたんですね。
どうりで、地の文の方も、なんか古風(笑)。
鉄拳をやってるユーザーは、若い人が多いと思うんですが、難しい漢字とか読めないかもw

そして最後は、「続きはwebで」じゃなかった、「続きはゲームで」という感じで終わり。
バンナムさんから、そういう注文でもついたんでしょうかね(笑)。

ゲーム「鉄拳」を『蛇衆』の矢野隆が小説化! 小説すばる新人賞受賞作家・矢野隆は、大のゲームファン。彼が、人気対戦格闘ゲーム「鉄拳」の世界をオリジナルエピソードも入れて小説化。中心キャラクター・三島一族の歴史を戦国時代まで遡る。
関連記事

気に入ったらシェア!

神代
この記事を書いた人: 神代
10年以上前から、吐き気や頭の違和感、不安感など様々な症状に見舞われ、なぜか統合失調症と診断され精神科に通院中。
2021年4月からは咳や痰、体に痛みやしびれが起こるようになりました。
日本の医療(精神も含む)に疑問を持つ今日この頃です。

趣味はブログを書くことと、ポイ活。
HTML&CSS、レスポンシブデザイン、WordPressを改めて勉強しています。
ゲームやアニメが好きです。
※お豆腐メンタルなので要注意。

ライブドアブログから引っ越してきました。
(その際、記事は整理しました)

コメント0件

コメントはまだありません